車の売却に必要な書類

印鑑証明がないと車は売れない

自動車を手放す際や、車両の下取り時も印鑑証明という書類が必要になってきます。この印鑑証明というものに関して説明していきます。印鑑証明書とはその印鑑が実印で間違いないということを実証する書面です。印鑑証明がないと、その印鑑が実印として認められているという事実が実証できません。個人にとっては相当高額な取引になる車両の買い取りのためどうしても実印が必要になることになりますがそれとセットで印鑑証明書が必要となるのです。印鑑証明という書類をつくるためには、はじめに印鑑証明の手続きをすることが必要です。書類に登録する印は実印と呼ばれていて、唯一無二のはんこである必要があります。実印を持って、お近くの役場の窓口に行くことで、印鑑登録をすることができます。印鑑登録の手続きが完了すると印鑑登録カードが交付され、印鑑登録手続きをした判子は実印ということになります。印鑑証明書を発行してもらうには役場の担当部署へ行き、印鑑登録証明書交付申請書に必要項目を埋めて、印鑑登録カードを持参する必要があります。また自動交付機でも発行してもらう事が可能です。印鑑証明そのものには期限切れなどはないのです。ですから、いつの印鑑証明であっても印鑑証明としての効力は半永久的に持続するということです。ですが、クルマ買取の際には、必須条件として3ヶ月以内に交付されたものでなければ無効になります。基本的には期限を定める必要はないですが中古車売却時には、買い取る側が有効期限を決めているのでもし中古車の買取の予定があるのであれば売却前に持っておくとスムーズに進みます。